含まれている成分

水とシニア男性

ウォーターサーバーの水の種類は、大きく分けると、天然水、RO水(純粋に限りなく近い水)、RO水にミネラルを加えたデザインウォーターの3種類があります。 ウォーターサーバーの天然水は、特定の水源から採水された地下水です。ろ過・沈殿、過熱殺菌以外の物理的・化学的処理をしていない水であり、独特の甘み、深みを感じることができます。また、ミネラルが豊富に含まれていることも特徴的です。 RO水は採水した水をRO膜と呼ばれるろ紙によって、ろ過された水です。RO膜は、0.0001ミクロンという極小サイズのフィルターであり、水に含まれる不純物、重金属、細菌などが取り除かれていて、安全性が非常に高い水です。そのため、衛生面・安全性に気を使っている人に人気が高いです。

ウォーターサーバーは、蛇口が2ヶ所ついていることが多いです。温水(80℃〜90℃)や冷水(4℃〜12℃)がすぐに出るものがほとんどであり、用途に合わせて手軽に使うことができます。 ウォーターサーバー本体のデザインもさまざまあり、アニメなどのキャラクターとコラボしているものや、有名なデザイナーが設計しているものがあります。コンパクトなものもあり、一人暮らしなどの人のニーズにもこたえています。 ウォーターサーバーの水の価格は、毎日ペットボトルなどのミネラルウォーターを買って飲むよりも安価です。500mlで、80円以下のものがほとんどであり、コストパフォーマンスが非常に良いです。 災害などが起きたときにもサーバーの水を飲むことができるので、万が一の時も安心できます。