天然水とは

透明度の高い川

おいしさや安全性、そして便利さを求めてウォーターサーバーを導入する家庭がだんだんと増えてきています。こういった視点にもう1つ加えられるのが健康志向という考え方です。安全と表裏一体の面もあるものの、より健康志向の人たちが望む水の1つとしてバナジウム水があります。 富士山由来の天然水にも含まれているバナジウムは血糖値を下げる作用があるという研究がなされており、近年問題になっている成人病の予防に役立つものとして注目を浴びています。血糖値を下げることが糖尿病のコントロールに役立つことに加え、脂肪がつきにくくなるという観点から肥満防止にもつながるのです。こういった知見があることから、今後の健康志向が広まるにつれてバナジウム天然水が人気を博していくことになるでしょう。

バナジウムは微量元素の一種であり、栄養成分として考えると必然的に摂り過ぎも危険であるという視点が生まれてきます。確かに毒性試験も行われており、大量摂取が健康を害するリスクがあります。しかし、天然水からの摂取において心配は必要がありません。 富士山の天然水を毎日2Lずつ飲んだとしても、毎日飲み続けることによって毒性が懸念される量の10分の1にも満たない量のバナジウムしか摂取できないため、どれだけ頑張って飲んでも健康を害してしまうリスクのある程度まで天然水からバナジウムを摂ることは不可能だからです。健康のために飲む天然水として選択するには高いメリットと十分な安全性があるのがバナジウム天然水なのです。